離婚リスク~妻が何も言わなくなったら危険です

こんにちは。
夫婦カウンセラーの北村です。


よく、『夫婦喧嘩が多くて...』といった相談を受けますが、
夫婦喧嘩が出来るうちは、まだ大丈夫です。
喧嘩が出来るうちが花、かもしれません。

問題なのは、喧嘩すらしなくなり、意思疎通が全く無くなった状態を放っておくことです。

特に、今まで文句を言っていた妻が、何も言わなくなったら要注意!

夫婦カウンセリング



妻が夫に文句を言ったり、口うるさくなるのは、
まだ夫に対して期待している気持ちがあるから、、、ですよね。

その妻が何も言わなくなった時は、
言っても無駄だと諦めて、愛想が尽きた状態です。

口うるさく言わなくなったからといって、
気持ちが離れていることに気付かないままでいると、
いずれ離婚を切り出されるケースもあります。


往々にして、夫が離婚を切り出された時には、
妻は既に離婚の準備をして、気持ちを固めている状態です。
そこから離婚を回避して、再構築していくのはそう簡単ではありません。

勿論、
お互いの同意がなければ、簡単に離婚をすることは出来ません。
ですが、一生離婚を拒否出来るわけではないのです。

年数を積んで、夫婦関係の破綻が認められれば、状況次第でいずれ離婚も認められます。
今の日本は破綻主義ですから。


夫婦不和は、放っておくと取り返しのつかないことになりかねません。

このままでいいのか、是非一度見つめ直してみて下さい。


夫婦関係カウンセリング
すまいる相談室

夫婦関係カウンセリング
離婚カウンセリング