カテゴリ:DV

DVの形態

こんにちは。
夫婦カウンセラーの北村です。

離婚原因で常に上位のDVについて。
DVの形態や具体的な事例をあげてみました。

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者や内縁関係など、親密な関係にあるものから受ける暴力のこと。
近年では、元配偶者や恋人(デートDV)も含まれます。
一口にDV(暴力)と言っても、色々な形態があります。

リボン


◆身体的暴力

殴る、蹴るなど、直接何らかの有形力を行使するもの
・平手で打つ
・足で蹴る
・げんこつで殴る
・髪を引っ張る
・物を投げつける

◆精神的暴力

心無い言動、恫喝、無視などで相手の心を傷つけるもの
・大声で怒鳴る
・誰のおかげで生活できるんだ、甲斐性なし、など言う
・無視をする
・人前でバカにしたり、命令したりする
・大切にしているものを壊したり、捨てる
・殴るそぶりをして脅かす

◆性的暴力

嫌がっているのに、性的行為を強要するもの
・見たくもないのに、ポルノビデオを見せる
・嫌がっているのに、性行為を強要する
・中絶を強要する
・避妊に協力しない
・子供が出来ないことを、一方的になじる

◆経済的暴力

相手を経済的に困らせようとすること
・生活費を渡さない
・外で働くなと言ったり、仕事を辞めさせる
・家計を必要以上に管理する

◆社会的隔離

実家や友人、会社などの人間関係を絶たせ、社会的に隔離しようとする
・実家や友人との付き合いを制限したり、電話やメールを細かくチェックする
・外出を妨害する


このような様々な形態の暴力が、単独で起こることもあれば、多くはいくつかの暴力が重なって起きています。

精神的暴力も、ハッキリと第三者が聞いて理解出来る暴力もあれば、一見見聞きしても、それがDVだと思えない言い回しだったり、『教育・しつけ・愛情』などの表現で巧妙に行われるモラルハラスメントもあります

DVを理解することで、今自分に何が起こっているのか、まずは把握する必要があるのです。



夫婦関係カウンセリング
すまいる相談室

DVカウンセリング